アトピーの概要

「奇妙な」病気を言われる、「アトピー性皮膚炎」についての概要

アトピー性皮膚炎は、簡単に言うと慢性の皮膚疾患を伴うもののうち、アレルギー反応と関連があるものといわれ、先天性の過敏症の一種であると考えられています。

アトピーという名前は「奇妙な」「原因不明の」という意味のギリシャ語から由来されており、医学用語としては気管支喘息、鼻炎などのほかのアレルギー疾患にも冠されていますが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多いようです。

症状としては、アレルギー喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎の蕁麻疹を起こしやすいアレルギー体質の素因の上に、様々な刺激が加わって生じる痒みを伴うのが特徴的です。

患者の約8割は5歳までの幼児期に発症し、以前は学童期に自然治癒すると考えられていましたが、成人まで持ち越す例や、成人してからの発症・再発の例が近年増加しています。

ニュース